ネット型・ダイレクト型の特徴とメリット・デメリット

直接保険会社と利用者がやり取りをする『ネット型・ダイレクト型保険』には保険料や手続きの面でメリットがあります。従来の代理店型と比べ、サポートや相談などの対応は行ってくれるのか調査しました。

ネット型・ダイレクト型保険とは

スマホでネット型・ダイレクト型保険に申し込む女性

テレビCMでもよく見かけるネット型・ダイレクト型保険。
ネット型・ダイレクト型保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
また、対面営業を行っている保険会社と比べて保障面での心配はないのでしょうか、詳しく説明します。

ネット型保険のメリット

ネット型・ダイレクト型保険とは代理店を介さずに直接保険会社と消費者が契約する形態をとっている保険です。
テレビCM等で広告活動を行い、ネット等で消費者が直接申し込みを行うスタイルで対面での販売は基本的に行っていません。
同保険のメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

代理店を介さないため保険料が安い

保険料の安さがネット型・ダイレクト型保険の最大の魅力です。
代理店を介さないため、保険料の負担を軽く設定することができます。
代理店は保険を契約すると店舗や人件費を確保するために保険会社から高額の手数料をもらっています。
ネット型・ダイレクト型保険であれば、代理店に支払う手数料が無いため、割安の保険料で保障を受けることができます。

インターネットや郵送で手続きが簡単

ネット型・ダイレクト型保険は基本的に窓口で書類を記入する必要がありません。
そのため、ネットや郵送で簡単に手続きをすることができます。
お仕事をしていてなかなか時間が取れないという方も自宅で手続きができますので、便利な契約形態ですね。

ネット型保険のデメリット

次にネット型保険のデメリットについても確認しておきましょう。
具体的には以下2点が大きなデメリットであると言えます。

保障内容を自分で選ぶ必要がある

対面営業ではないため、保障内容を自分で決めていく必要がありますので、ある程度保険に詳しい人や保険の契約をしたことがある人でないと選ぶのは難しいでしょう。

保険請求を自分で行う必要がある

申し込みの手続きや保険の請求を自分で資料請求して行う事は慣れている方にはメリットではありますが、不慣れな方にはデメリットにもなり得ます。
手続き書類の記入などを自分で確認して行う必要がありますので、手続きが苦手な方には少し面倒に感じるかもしれません。

保険代理店の役割とは

顧客に保険の説明をする女性担当者

ネット型・ダイレクト型保険は基本的に代理店を介さずに保険を契約することになりますが、そもそも保険代理店の役割とはどのようなものがあったのでしょうか。

契約時のサポート

保険代理店の役割の一つは契約時のサポートです。
契約時の保障内容の相談や必要保障額をプロの目線でアドバイスをしてくれます。
電話でのサポートが充実していれば保険の知識がない方にはうれしいサービスですね。

ライフステージに合わせた提案

保険の保障内容や必要保障額はライフステージによって変化していきます。
結婚・出産等にあわせて保険の代理店は最適な保険を提案してくれます。
ライフプランの知識があまりない方にとってはいつ、どんな保障が必要かを教えてくれる頼れる存在となるでしょう。

保険金請求時のサポート

保険代理店は保険金請求時のサポートも行ってくれます。
請求書の記入方法や必要書類の集め方等、保険の請求をしたことない方にはなかなか難しいものです。
保険の請求時にも代理店がサポートしてくれることでスムーズに行うことができます。

以上が保険代理店の主な役割です。
ネット型・ダイレクト型保険はこれらのサービスを省く代わりに保険料を安く抑えることができます。
ご自身が何を重視するかを検討してネット型・ダイレクト型保険を契約するか代理店型の保険を契約するか検討してみると良いでしょう。

ネット型保険会社の選び方

保険選びを終えてスッキリ前を見るシニア夫婦

ネット型・ダイレクト型保険は従来型の保険に比べて保障面で不安が残ると言う方も多いのではないでしょうか。
もちろんネット型・ダイレクト型保険だから、保険金が支払われないということは基本的にあり得ません。

しかし、保障内容を自分で選ぶネット型・ダイレクト型保険では結果として重要な保障が入っていない可能性もありますので、保障内容は慎重に検討した方が良いです。
それでは、ネット型保険会社を選ぶため際のポイントを見ていきましょう。

保険料

ネット型・ダイレクト型保険の最大の魅力は保険料の安さです。
やはり保険料が安く、保障内容が充実している保険会社を選ぶべきでしょう。

コールセンターの充実

ネット型・ダイレクト型保険は代理店による対面でのサポートが無いため、コールセンターの充実度が重要です。
「24時間丁寧な対応をしてくれるか」、「商品の知識が豊富か」等が重要な要素となります。
特に保障内容について相談をして決めたい方はコールセンターの充実度が重要となってきます。

保険相談窓口での相談も可

保険相談窓口は現在加入している保険の見直しの相談ができますので、ネット型・ダイレクト型保険の相談にも応じてくれます。
保障内容に過不足が無いか、保険料は適切か等、プロの目線でアドバイスをしてくれるでしょう。